メリヤス沼

こんばんは、おはようございます、こんにちは!
結局かばんにつけられるでっかいねこぐるみvol. 6
が地元ではバスを乗り継がないとたどりつけない
ゲーセンにしか投入されないと知り
怒りに煮えたぎっている
おぺらお~さんです!

楽しみにしていたおっどさんですが、見た感じでは縦型の爪とぎでぼりぼりしているポーズですかね!?何かに反応してジャンプしているようにも見えますが、ワタクシのデータではいまのところおっどさんが「トンボくん」などに飛びついている姿は確認できておりません…。というより、おっどさんのチャームポイントであります目と尻尾を両方無駄にすることなくグッズ化するには、クッション系のなにかに開眼状態で乗せるか、立ち姿にしてしまうか、あるいは高級丸太で爪をといでいる姿しかないだろ!と思っていましたので爪とぎ説推してゆこうと思います!ぼりぼり、ばりばり…。

ねこが爪研いだ後に出来る屑があまりに緻密で繊細な粉末なものだからそれだけで妙に感心してしまうおぺらお~さんです。

とりあえず…好きなオペラ歌手の名前をつけている子なので自分の手でお迎え出来たらなぁと思っとりますですよ。。また…例によってゲーセンのレベルが樋口さん級だったら考えよう。。

さて。

1月31日愛妻の日も、2月2日ジェフの日も、すっかり無視してワタクシ…いつぞやのエントリーに書きました、平編みのセーターを編んでおります(苦笑)こやつが、編み始める前は12号針あたり使用の太い毛糸で編もうと思っていたのですが、気に入った色がなかったり、セーター編むだけの毛糸玉を確保するとなるとまとめ買いするのが手っ取り早い(たいていは割引になる!)、もういっそ、さすがにカシミアだのアンゴラだのまでは行かなくとも、すこし高級な毛糸で編んでしまえ!などなど制約やら欲望が付き始め、5~7号針用のベビーアルパカの毛糸がちょうど条件に当てはまりましてですね…。当初の予定のちょうど半分の太さの毛糸で編むことになりましたのです。これがまた初めましてぐらいの細さで不安になりましたがひたすらメリヤスを驀進し続けることでよい練習にもなるだろうと地道にスタート。いざとりかかりだすと言葉では言い表すことの難しい妙な中毒症状に見舞われ何故疲れも感じず没頭してしまうのが編み物の恐ろしい所で…。

大変恐縮なことに、このセーターにかまけるあまり、まだミスミノアンソロ、満足に読めてすらいない有様です><;か、完成したらじっくりと読む…じっくり読む読む!それにバレンタインも近いので感謝祭のお話も書きたいですしね!

…ということで言いわけ程度に11月末からの奮闘ぶりを畳んでおきます。。
次回のエントリーでセーターの完成報告できたらと思いますです。

それでは
気の向くままに
おどおどに…


まずは前身ごろから。

…で、編み始めて早々に目が落ちたことに気が付かず編み続けていたことに気が付いてほどき直しの刑(苦笑)

DSC_1608.jpg

相変わらず作業スペースが布団の上(≒地べた)で御見苦しい限り(苦笑)自分でもよく一年近くドイツに住んでいたな…と思うぐらいに椅子やら腰掛になれていないワタクシです。。

DSC_1612.jpg

ところどころぼこぼこしていますが、順調にメリヤス進めています。

それにしてもどうして編み針ってああも値段がするんですしょうか…玉突きの6号針をもっておらず、うっかりケチって短い針を買ってしまい妙に痛い思いをしてしまったではありませんか…;;棒針編み周りの道具のお値段はなかなかバカにできずいかんです。

DSC_1613.jpg

アクセントにアイボリーの横縞。これが意外と生成といいますかまばゆい白ではなく落ち着いた感じの色合いで、編み物教室でも好評いただいています^^♪

これの合間にクリスマスプレゼントの手袋を編んだ覚えがあるのですが…お歌にあります、♪母さんがよなべをして 手袋編んでくれた♪は、一晩犠牲にしてかあさん頑張ってくれたんよ、ほろっ…ではなく、その気になりゃ、手袋なんざ一晩で編めるだよ!母さんは一日麻糸紡がんといかんで大変なんよ!だから頼むで手袋程度で許してくれ!すまんっ!て意味に思えてしまってならないこのふがいなさ…(苦笑)

ともあれ一か月ほどかけてちまちまと身ごろ前後、それから袖にもかかっていくうちに年が明け…

DSC_1686.jpg

赤富士(左)出現、でーん♪(違います)

狙ったわけでも無くお正月に見ると無駄にめでたく見えるこの配色。そもそも赤は魔除けの色であり、イタリアなんかでは幸福を呼び寄せる色とされているそうで、東西どちらにしてもありがたい色なのですね!


そしてまた途中で別の物を編んで沈滞…。

DSC_1709.jpg

スヌードにもできるマフラーでやんす。(ちなみに制作時間は約4日;;)

去年の春先に編んだベスト
18674845_2142273865_244large.jpg
…からヒントを得て、ガーターとゴム編みを組み合わせによる湾曲を利用してマフラーにしてしまいました、というヤツです(中央にメリヤスの縄編みあり)。去年、これを編んでいるときにはぎ合わせる直前までおとうと「マフラーだね…」「マフラーだよね…」とふざけあっていたもので、今年はちゃんと「マフラー」として、おとうの誕生日に編んでプレゼントしましたのです♪モヘアなので痒くならないか心配でしたがとても温かいそうでなにより*

セーターに戻ります。

DSC_1735.jpg

お袖を編んでおります。増目に泣かされつつも袖山のふもとまで到達し、まだ袖山が出来ていないのに、片袖編めたー!と狂喜乱舞のおぺらお~さん…(甘い)

ちゃっかり参上のみけさんのでっかいころりんクッション…さすがにサンドバックにはしていませんが(苦笑)、心折れたときには慰めてもらってます。。ホントしかし、ルサンチマン受け止めてあげるよ!な顔をしている**いかん。

そして袖山登山すなわち減目開始→登頂間際でなぜか左右で目数が2目分合わなくなり…。

たった2目の差(間違いなく増目のどこかでミスった)であるし、なんとかなりますよね~テヘペロ♪も考えたのですが、おぺらお~さんはいつだったか、ハナばあちゃん(牧場物語はじまりの大地)にこう言わせてしまったんですよ・・・!

「…編目がずれたらそこまで戻ってやり直さなくちゃいけないけれど、失敗してもやりなおせるって実はすてきなことなの。おばあちゃんだって間違えちゃうことがあるのよ。でも毛糸は怒らないわ、つるつるつるって糸をほどいてもう一度間違えないように慎重に編み直せばいいの。あとは根気だけ。コツさえつかめばお帽子もお洋服も、なんでも編めるようになるわぁ。…



これが頭をよぎった以上、たった2目でも誤魔化したらハナさんにあわせる顔がない;;と慌てて間違えたところまでつるつるつるっと糸をほどきましてですね…(BGM シューベルトの『冬の旅』より《道しるべ》)。。ほとんど片袖、1から編み直しの刑です(苦笑)本当に根気だけ、根気だけは無駄に養われてゆきます・ ・ ・。

《道しるべ》の〆は、「いまだかつて誰も帰ってきたものはいない道を、我もゆかん」とくるわけで、真っ先に思い浮かぶのは死への道、そしてもうひとつ考えられるのが…いわゆる「沼」というヤツ。

ずぶずぶとメリヤスの沼にはまってゆくおぺらお~さんでありました。

ともあれ右手の人差し指が壊死を起こしそうになりつつ、なんとか片袖、袖山のふもとまで復活しましてさらに順調に山登りを始めた…ものの、減目付近で目が落っこち、それを拾いに行っていたらわけがわからなくなり、結局目数のつじつまは左右あったものの、減目の数が左右微妙にずれる結果となりました。。

ハナさん、すまない。。

そして!袖口のゴム編みもでき、文でもイラストでもまず伝わらんだろ、ばげ!といままで挑んでは撃沈していたゴム編み止めのやり方を教室の先生から実演と実践で伝授されまして!

DSC_1743.jpg

今度こそ、不足なく片袖完成です☆どうやらワタクシは見た目より腕が長いことまで発覚しましたです…。。ワタクシ、見た目はどんなちんちくりんなのでしょうか?!

DSC_1744.jpg

とりあえず1目ゴム編み止めですが、これがスムースにできるようになっただけでも随喜の涙がこぼれおつりますです*


DSC_1747.jpg

またしてもめちゃくちゃ布団の上ですが、他に広げられる空間がないもので…。。ついにそれぞれのパーツ98パーセント完成しました。あとは左袖の袖口だけ!

DSC_1749.jpg

そろったー!

まだ後ろ身ごろと左袖はアイロンをしておらず両端が反り返ってあまり前後左右対称に見えませんが、例の減目ミスを除いてすべてレシピ通りに編み上がりました。あとははぎあわせて襟を編んで完成。襟はタートルネックを予定しているので普通の襟よりはまた少し時間がかかりそうですが、なんとか次の月曜日の教室で完成に持って行きたいです。メリヤスはぎがどれぐらい酷なものか若干わかっているあたり…そうそううまくは行かないかもしれませんが…11時から16時まで和室でわいわいやりましょう♪と聞いているのでデフォルトからしてネジがゆるんでいるワタクシでもなんとかなる…と信じ…。

完成を祈る…っ!(切実)


DSC_1748.jpg

ところでお袖の袖口(とあとネック部分)にはこれを入れるといいですよ、と先生からストレッチヤーン、ご購入しました♪既製品でもときどきほつれたところからぴろろろーんと出現するあの謎の物体はこれだったのか(笑)確かにあわせて編みこむと弾力が増して良い感じです。なにより「オペロン」て…!

あれですよね、サポートブレスの紐を出しているあの「オペロン」ですよね♪♪一文字かえると妖精の長の名前になるので一発で覚えてしまったわけですが(辞書に載っているオペロンの意味は「遺伝子の単位」とのこと(大辞泉))、なかなかいい仕事してくださる!今はなきキンカ堂なんかで基本的な色すべてずらずらと売られていそうな、そんな感じのただよう商品です。

2016/02/05(金) | 手芸作品 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

りこぴん

『はじめまして☆』

最近ついてなく落ち込んでばかりだったのですが…おぺらお~さんのブログを読ませて頂いて気持ちがとっても楽になったし和みました(*´∀`*)ノ
こんな機会を与えてくれたおぺらお~さんと少し言葉を交わしあえたらなと思いコメ残してます。でもWEB上でお話するのはちょっと…なので名前の所から直接返せないでしょうか。

もし邪魔でしたらお手数ですが消しちゃって下さい。
急なお願いですがお待ちしてます(人ω<`;)

2016/02/07(日) 14:38:49 | URL | [ 編集]

おぺらお~

『No title』

りこぴんさま

はじめまして、コメントありがとうございます。
こちらこそ長いこと低調な日々で長らくブログを書ける状態でなかったのですが、その私の文面が少しでもりこぴんさまのオアシスになってくださったなら嬉しい限りです^^*

ブログでは基本メルアドなど伏せた状態にしているものですから、直接メッセージなど送りたい場合はブログ拍手から送っていただけるか、お手数ですが「生態」の下に載せてあるサイトRosenkneipeに飛んでいただき、そこのウェブ拍手ないしはメールフォームを利用していただければと思います。

ご希望に沿うことが出来ず、申し訳ありません。

2016/02/09(火) 01:04:03 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://anoperao.blog.fc2.com/tb.php/528-ac07ede1
 |  HOME  |