FC2ブログ

アンソロとつな天のお話

こんばんは、おはようございます、こんにちは!
寒暖の差が厳しさを増す中
いかがお過ごし哉、おぺらお~さんです。

朝晩ひどく冷え込む日も少なくなくなってきましたからそろそろ湯たんぽの出番ですね!去年編んだふくろう柄の湯たんぽカバーは針の番号から間違えゆるゆるになってしまったのでまた編み直し、あるいは!みけさんのそれをファンメイド!

箱座りしてすまし顔のみけさんに湯たんぽを入れるのもありだし、みけさんの顔そのものが湯たんぽカバーになっている、でも文句ありません!うー、サンタクロースのおじいちゃん(お裁縫部門)、クリスマスまでに私の頭と腕にやってきてください、宿ってくださいー!

そういえば学歴的に子供のころ、サンタさんはプレゼント買うのの資金源を有馬記念に掛けていて、それが外れようものならもうあとのこされた道は東京大賞典しかないってんで、クリスマスの夜に「チミがねだったプレゼントはまだちょいと手に入らんでの…」なんて時間稼ぎした挙句に〆のダートでも砂塵にまみれ、「チミがねだったプレゼントは…もう製造中止になっておって…のぉ…」とさらに苦し紛れの言いわけをカードに書いて残して行くもんだと、わりかしホンキで思っていたワタクシ!!いつごろからか、サンタさんが有馬記念ぶじに当てますように…とお祈りするようになりましたものです。

なぜここで急に競馬の話が出ましたかといえば、そうです!

 MCS やってくれましたぜ、モーリス!わーいわーいお赤はーん♪


できればコラボりたかったのですがそのつな天のほうであるまじき展開にからめとられ樫の木タウンの精神異常者になりつつあるため断念光線。やる気が復活したら書くかもしらんです。モーリスさんとモーリス号♪(え、「書く」って文字??)
スクリーンヒーロー自身には、あるジャパンカップでメイショウサムソンに痛い目浴びせて下すったお馬さんというのでライバル視という名の嫌煙をしてましたが、おとんになれば感情も和らぐようで*それにしても懐かしい思い出です。

ともあれ前々回のエントリーに書きましたミスミノアンソロ、全貌が明らかになったようです!

banner.jpg

表紙、タイトル、そしてページ数が2冊とも公開になりました。
なんと…全年齢のほうで総勢23名164P、 R18は総勢13名で116Pとのことです!
じゅっ、13名で116頁はとりわけすごいですねー!この「頁」は確かに「貢」と読み間違えてしまっても許してもらいたいほどまばゆいです!


そしてワタクシは微力ながら、全年齢のほうに小説(8ページ)、漫画(ドイツリートのミスミノパロディで8ページ)、R18のほうに7ページ、寄稿させていただきました。微力とかいうて全年齢のほうは総ページ数の10パーセントはあなたが占めているのですよ、おぺらお~さん。消費税率引き上げに苦言が呈される中、10パーセントですよ!(すんません;)

全年齢のほうはちょっぴり大人で理性もあるけど、あることにこだわりの強いミノリちゃんのイメージで、そしてエロイほうはかなり硬派なミノリになっています。ソプラノがテノールの胸に崩れるような甘い感じというよりは、女郎が息子株をいらっしゃい、する感じ。
(もう…いやごめん…さあ!エロシーンかくべー!まずはBGM-!と思ってメディアプレヤー立ち上げたら、ぱっ!と…Tiefland Schau her, das ist ein Taler←オイゲン・ダルベールの楽劇《ティーフラント》のハイライトのひとつ、〈狼語り〉が目に入りましてですね;強い女になりました。 。 。)

そう。ミステルは私のなかではきわめて「息子株」のイメージが強いです。(息子株→清潔で汚れも世間も知らない、粋な美青年で、だいぶ年の行った半可通の男にそそのかされて遊郭に行ってみたら、あら不思議、自分は遊郭通だと豪語していた半可通の男が遊女の笑いものになって大失敗しているところで、息子株はちゃんと所作をすまし、それも上手であったため、次のお約束までとりつけてしまった…というポジションです/うろ覚え江戸戯作)

まあ、なんか、そんな感じです。あとワタクシの完全なる趣味と嗅覚の欲望から、お2人は通常では考えられ…なくもないだろうけど、まあそれやる場所じゃないよね、そこ…てところで《アラベッラ》の第三幕序奏を展開ちゅうです♥『チャタレイ夫人の恋人』を考えてみるとなお…////

全年齢のほうはいたって健全で、そしてワタクシの愛する3人組はちゃんと出てきます♪

今回は小説のフォーマットが予め主催者のほうで決められていらしたということで、自分のものがどう刷り上がるのか(もちろん確認のファイルは受け取っているのですが)、周りの方とのレイアウトの取り方の違いとか、余白の置き方とか、とにかく露骨に分かるので楽しみです!

そしてあらかじめ言うておきますが、おぺらお~さんの原稿はじんじろです。夜が朝になる―ぐらいに暗転する場合を除いて、空行を入れることはまずありません…=読みにくい

文字書きソフト(アプリ)ってなにか便利なものがあったりするものなんですかね?
ワタクシはサイトに載せているのもあわせてすべて、ワードで書いてからメモ帳で行間など調節しています。

今回漫画でクリスタ畑にも慣れてきたので、文字のほうも改革を起こしてみようかしらん、いやんきっと「うーらしまさん、うらしまさーん」になるからいやや~…いたちごっこしてます。




さてーつな天ですがー!さすがに料理出荷量15000を1500と読み違えていたのは大恥赤っ恥…でこれはなんとかしないと!と気が付いたのはちょうど冬ごろ、それまでスローライフだった牧場が荒れ始め、まずはふろふき大根つくりまくり…。そして春までにビニルハウスにサツマイモをまんべんなくまきましてドル箱ハウス完成。春はひたすらカブを作ってはスープなり、サラダなり…そして順調にとれるサツマイモ(笑))季節感ないですが、早春に焼き芋攻撃です。…こうこうするうち季節は夏へ。まさかのリーリエの誕生日会2回もつきあうことになってしおうとは…(満身総ざんげ)夏はさらにドル箱系のお野菜が玉ねぎぐらいしかなく、そこら中にトウモロコシを植えて、焼き芋でつなぎながら出荷、出荷…

ちなみに家畜は牛系8頭、羊アルパカ8頭、アルパカと茶アルパカ7頭、ヤギ・リャマ・ラクダそれぞれ1頭 +お馬さん一匹
それから家禽は鶏6羽、ウコッケイ4羽、アローカナ4羽 禽ではないが アンゴラうささ3羽、 灰のアンゴラ1羽

卵とミルクは潤ってました♪卵はスーブ、ミルクはティーによく使いました。

…と、この「涙ぐましい」努力の結果…
トロピカルの国やってきましたー

こうして無事、スタッフロールも流れ、エッダさんからお手紙も届き、カカオの苗もそこいらに植えたし、さあよし、これで彼女を家に迎えてもいいぞ!と鼻息荒い愛馬を駆って、貿易ステーションを待ち伏せしていたのです!ちょうど17にゲイザーさんと一緒にやってきましt。
いくぞイブキ!男に二言はない、とつげーっ…

リーリエ:えっ、えぇぇぇ!?そ、そそそんな、あたしまだ心の準備が…今結婚なんてしたら死んじゃう…!

まさかの…アーシェさんやエンニオ(うろ覚え)がいるまでにあっさり拒否されるイブキ…かたはらいたしだわ~


(続く…)
スポンサーサイト

2015/11/23(月) | 牧場物語 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://anoperao.blog.fc2.com/tb.php/513-c5007ff4
 |  HOME  |