突然のサイト更新です♪

こんばんは、おはようございます、こんにちは!
ずっとイタリア語で「袋」はSacca
だと思っていたのに、実はSaccaは
トスカーナ地方の方言で
イタリア語で「袋」は正しくはSaccoであることを知って
目からふくろが落ちた
おぺらお~さんです。

名詞の性まで変わってしまうなんて、方言はすごいですね!

さてこのまえの3連休でようやくスマートフォンを入れる袋が完成したので、スマホで撮った写真も交えて、そんな袋な話をしたいところなのですが、ここのところパソ子とスマ夫の関係がますます冷めきったらしく、ケーブルでつないでもシーン…フリーズ☆半日おじゃんの繰り返しで大分精神的によろしくない状況のため、ワタクシの心と、パソ子と、スマ夫、3つの状態が回復次第、袋についてエントリー書こうと思います。

つな天はあれからほとんど進んでおりません(笑)もうすっかり、モーリスさんの義理の息子になる条件は整っているのですが、トロピカルの国が出てくれないと妻に大好物のアイスチョコも作ってあげられないしけた旦那になってしまいますし、お家もまだ1階建てでグランドピアノの置き場に困っている状態なので二階建てにして…それからお迎えしようと思うております。目下、服飾品のノルマを達成するため、一番楽に作れるであろうカウボーイウェア大量生産すべく、綿花農場と化しています。

それよりも本日は思いがけず、サイト更新のお知らせ…トゥイッターでリプライいただきまして、牧物2のクリフとR.シュトラウスの《影のない女》コラボイラストを2枚アップしました!好きな曲が一気にこれですみません…。もう、鷹匠と月山と言ったらどうしてここまでマッチしたの?ぐらいに《影のない女》すぎて…。(本当は第二幕だけのつもりだったのですが、第二幕のセリフにはどこにも「月山(Mondberge)」が出てこないため、第一幕も。ザルツブルクフェスの字幕だったか、誰かが、ともすれば「あんな石女の尻軽女ぶっころす」おもとられそうな「皇后は死ななければならない」というフレーズを大変お上品にオブラートにつつんだ訳をされていたのがえらく印象的で*)

皇帝クリフ
(すんません、うっかりセリフ一行抜けてます…)

皇帝クリフ

赤い鷹はこれまでみたことのあるほとんどの演出で具象的に「赤」く塗られて出てきていましたが(例のザルツブルクのロイ演出だけはマフラーが赤?で微妙に例外、デュセルドルフのそれはもろに矢じりが鷹役の頭に突き刺さっていて包帯+流血というさらに生々しいことに…)、それは皇帝や皇后の記憶の中での「赤」でも良いような気がして2幕のほうは普通の赤くないケインにしました。

もともとドイツ語の歌詞ですし、皇帝のセリフはまとまっていてアリア風なのでまとめてサイトに上げてしまいました(…が拙訳ごめんくだされです;これのためにザイフェルトの録画―8ミリビデオ―持ち出すのもちと手間が^^;)。

トゥイッターにサイトのURLのせたら、ワタクシがぼくものをなんと読(呼)んでいるか丸わかりな結果に(苦笑)
これ…XPあたりのパソコンに入っていた音声合成が間違って読み上げたのがツボってしまってそうなった結果ですから、ワタクシの読みまつがいではなく、ワタクシのツボです(笑←認めちゃう)


それでは…
こんなんでうなぎの日、
間に合うのでしょうか?!
気の向くままに
さかさこに…

2015/07/22(水) | サイト | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://anoperao.blog.fc2.com/tb.php/496-9fae6194
 |  HOME  |