FC2ブログ

すぐに飽きるものにはハマれないひと

FC2トラックバックテーマ 第1942回「何かにハマったらずっとやっちゃう?それとも飽き性?」


こんばんは、おはようございます、こんにちは!
少し前にオレハマッテルゼて名前の馬がいましたが
世代によっては「オレ、ハマってるぜ」とも
読めることを知った時の衝撃が
妙に忘れられないおぺらお~です。

そういえば先週、オレニホレルナヨて馬が走ってましたね…ムーンライダーズの《グルーピーに気をつけろ》的なノリですかね…。オレオレ合体させると「オレニマタレルナヨ」あるいわ「オレニハマルナヨ」。そして「オレハホッテルゼ」!

ここまで文意が変わってしまうとは日本語はむつかしいです。

さて当のワタクシはといいますと…。

なんともいえないです

シェークスピアの『ヴェニスの商人』でもないですが、極めてしまうと(あるいはある程度自分が満足してしまうと)熱が冷めることはありますから、極めやすいものにハマってしまうとあっというまに飽きてしまいます。

でも考えてみると、そもそも飽きやすいものにはハマれないような気がします。「ハマる」ことと「流行る」ことは別のように思われ、「ああ、これはマイブームだな」と思うものはすぐに飽きてしまうものであり、「これは私の性に合ってるかも!」と思われるものはやっぱり長続きします。

そして本命至上主義です(笑)邦楽ならムーンライダーズ。ゲームなら牧物とMOTHER。動物は馬。手芸なら羊の毛関係。お料理は煮物系とグラタンの類。オペラなら…。かならず各ジャンルに大黒柱が1つ2ついて、そのほかのものにはさほどぶれないようです。よって、極度の偏愛主義の結果、おぺらお~さんといえば○○がおよそ確立してしまいます(笑)(ベルリンでザイフェルトをデマチしていた時におなじくオレハマッテルゼな初対面のおじいちゃんと少し話ししただけで、「ローエングリンはフォークトさん、素晴らしいと思うよね?…ダメか、チミはあくまでザイフェルトなんだね」…と呆気なく烙印おされたほど、よほどのオーラを発してしまうようです;)

ローエングリンに関してはワタクシのなかではザイフェルトにひとり刺客(フォークト氏ではもちろんありません)がいるんですが、およそ「おぺらお~さんといえば○○」は正しいので、それをロゴタイプ…いやステレオタイプとは言いません♪好きに思ってやってください。。

調子よく競馬ウマの名前も出そろいましたところで…

ワタクシのいちばんのハマりごとはやっぱり羊毛。ウマはドイツ語カタカナでフェルト…ではなく、ペーターはペーターのなかでもザイフェルト…でもなく、羊毛フェルト

まえにあげたクライズデール(馬)はまたいったん保留で、大学のサークルの先輩が挙式とのことでウェルカムドールのオシドリを必死でツンツンしていたおぺらお~さん。

PICT2172.jpg

完成の写真はまた後日…

下に敷いてあるマットから分かるかとは思いますが、かなり奥行きがあってワタクシの作品のなかでは大きな部類です。ウェルカムドールって2体が片掌におさまるぐらいの小さいささやかなものだと思い込んでいましたが、ところがどっこい、3次元のどこか一辺が20センチに達するぐらいの大きなものだったんですねぇ(滝汗)それを2体も仕上げるとなると結構根気が要りました;オシドリの羽の構造、写真や解説書から平面でのみためと理屈ででは理解できたのですが、いかんせん本物を見たことが実は一度もないのです(苦笑)夏に花鳥園に行ったとき、きっとプールのなかにいたのでしょうが、エクリプス期にはいるとオスもじみーくんになって見たの類に入らない…のです;;)

PICT1438.jpg
☆はーい!

オシドリ♂の豪華なまさに一張羅の晴れ着に違いないです…。


それでは(羊毛つつきすぎて体中の筋肉がこりこり)
気の向くままに
ほんめいに…
スポンサーサイト

2015/03/19(木) | 手芸作品 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://anoperao.blog.fc2.com/tb.php/479-11594fb4
 |  HOME  |