愛は春を魅了したんだ!

FC2トラックバックテーマ 第1941回「そろそろ春だな~と思ったこと」


こんばんは、おはようございます、こんにちは!
春の感謝祭の日ですが
結局サイト更新ままならずの
おぺらお~です。

一体愛は春を魅了できるのでしょうか…?!

前回のエントリーを書いた後、リンドーロのところにドードー鳥が遊びに来てくれました♪

1426123985_04128.jpg

まさにキーワードである動物がやってきたんですねぇ!昔ポケモンに頭が2つあるダチョウでドードーっていましたが、音だけドードーって聞くと馬のモンスターかと勘違いしてしまいそうです…;

そして3月13日はテイエムオペラオーのお誕生日でしたが…

1426232275_02053.jpg

苗床がケーキになりました(笑)
なぜグリムスにオペラオーの誕生日を登録したのか覚えていませんが、ワタクシの誕生日はもっとずっと先でございます。


さて、知らぬ間にトラックバックテーマがどんどん更新されていました(汗)Seesaaにいたころはブログテーマで創作なんていうこともやっていましたが、また再開しようかな…。書けそうなテーマの時には挑戦してみたいです。徹さんのお話なんて何年書いてないのだろう…。

2つまえのトラックバックテーマが「そろそろ春だなと思うこと」。

ジークムントが上のG(fühl' ich dein schlagendes Herz!のHerz)でフンディング家の扉をこじ開けたことです!
(G.フリードリヒの演出ではわざわざフンディングさん、施錠までして寝に行ったのに、このGで閉めたドアごと鉄の壁が左右に割れたのにはジークムント役の声量の異化効果を感じずにはいられませんでしたとも;お決まりの「ヴェルゼスルーフ」では開かないところが憎いですな)

だいぶ前につくしんぼが生えてきたことを書きましたが、それ以降三寒四温…とはゆかず三寒一温ぐらいの天気が続いているせいかあまり草木は春めいてくれません。ばらの茎から新しい茎と葉っぱが少しずつ芽吹き始めたぐらいでしょうか。

しかしこのところ、メジロやジョウビタキが遊びに来るようになりました♪2羽でこずえに止まっているのでスズメかな~と思ってよく見たら、目の周りが白くてメジロでした。ジョウビタキは一羽だけですが家の界隈に居座っているみたいです。

そして今日はヒヨドリをみつけました。椿の蜜が目当てでしょうか?ヒヨドリは一説には「ヒーヨヒーヨ」と啼くのでヒヨドリと名前がついたそうで、確かにピーヨピーヨチュルルルルルーと繰り返し(かなり特徴的な節まわしで)啼いていました。

ところで昔読んだことのある山梨県の昔話に鳥呑みじいさんのお話があって、そのなかでヒヨドリの聞きなしが「ピピン・ピヨドリ・ピッサーヨー・ゴヨウノオタカラ・ピッサーヨー」と書かれていて、これまでずっとヒヨドリは「御用のお宝」と啼くのだと思い込んでいたのですが、気になって調べてみるとヒヨドリの聞きなしは「ピーヨ」系しかないみたいですね…。また鳥呑み爺の話も諸説あるようで、ヒヨドリではなくヤマガラを呑んだというのもあり…でもヤマガラはもっと「御用のお宝」とは啼きそうにないし…。

そのお話は、貧しいおじいさんが冬の寒い日に庭でヒヨドリが凍えていたので温めてあげようと息を吹きかけているうちに、ヒヨドリがおじいさんの口の中に飛び込んでそのままお腹の中におりてしまった、慌てたおじいさんがお腹をさするとおへそからヒヨドリの尾っぽが出てきたので、それを引っ張るとお腹のなかでヒヨドリが「ピピン・ピヨドリ・ピッサーヨー・ゴヨウノオタカラ・ピッサーヨー…」て啼く…て話で、おじいさんは「おらはヒヨドリみたいに上手に啼けるで!」と村中に自慢して歩くうちにとうとうお殿様にまで呼ばれてしまい、お偉いさまの前で失敗しないかとびくびくしながらこっそりおへその尻尾を引っ張ったら、いつもより格段に美しい声でヒヨドリが啼いてくれて、おじいさんはお殿様からご褒美をたくさんもらって村のみんなと山分けしてハッピーエンド…というストーリーなので、ヒヨドリの言う「御用のお宝」はお殿様のご褒美の暗示なのかもしれませんね!(ハイライトでヒヨドリが「おじいさは今までずっとオレの声を自分の声だと言って人をだましてきた、ここにきて殿様の前で恥をかかせてやれ…クックック…」なんて黙り込んでしまうのかと思ったら全く逆で、「いつもより格段に美しい声で啼いてくれる」ところが幼心にワタクシは大好きで、余計「ヒヨドリ=御用のお宝」が頭にこびりついてしまったのかもしれません*)

そしてワタクシはザイフェルトの例えば皇帝ティトのアリアとかヒューオン(《オベロン》)のアリアとかヘンデルのメシアスを聴くたびに、このひとはきっと昔、北西ドイツの寒い冬の朝、庭でふるえていたカナリアを温めてあげようとしているうちにそのカナリアを呑みこんでしまったんだ、あのコロラトゥーラは彼、こっそりおへそから出ているカナリアの尻尾を引っ張っているんだ、と思わずにはいられないのですよ(苦笑・上のGでフンディング家の鉄壁をこじ開けたときにカナリアさんが圧死しないか心配だわ;)

鳥はふつうオスしかさえずりませんが、人間の男の声帯を考えるにつけてもカナリアの超絶技巧には恐れ入ってしまいます…。あとヨウムはソットヴォーチェが上手ですよね!


ともあれ寒い日が続いているので、鳥のためにも植物のためにも、はやく暖かくなってくれないかなぁ~と思う今日この頃であります。


それでは
気の向くままに
かなりあに…

2015/03/15(日) | 戯言 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://anoperao.blog.fc2.com/tb.php/478-9643e575
 |  HOME  |