FC2ブログ

ご無沙汰しております

こんばんは、おはようございます、こんにちは。
大変ご無沙汰しておりました。

まずはなにより、宣言通りにサイトの更新が出来なかったこと、一部の小説をピクシブに移動させるのが精いっぱいの体たらくでありましたことを伝えにきました。サイトの更新は、7月中にできたら、と思っておりましたが、まだまだ時間がかかりそうです。またサイトを作って10年と思っておりましたが、正しくは9年でありました。その記念日にも、そしてMOTHER元祖の誕生日にも、なにも祝うことができなかったとは…。


いま、この記事を書く気持ちになったのには、昨日行きつけの毛糸屋に行く途中で目にしたある広告に、悔しいような、虫唾が走るような思いをしたからです。そして7月にサイト更新の作業もままならなくなったのにはその広告に触発される、気持ちのもやもやがあったためです。

以降は追記で書きます…。


read more...
スポンサーサイト

2018/08/11(土) | 戯言 | トラックバック(0) | コメント(0)

通販開始しました

こんばんは、おはようございます、こんにちは!
やっと明日はお休みです!
思い切り羽を伸ばしたいが
背筋が肉離れすると怖いので
ほどほどに羽を伸ばすつもりの
おぺらお~です。

翼が欲しいって歌がありますが、そして「もしも翼があったら」…に続けて英文を書きなさい、とかいう出題も殿堂レベルで、「翼」はもう鉄板中の鉄板欲しいもののようですが、いくら羽があってもそれをつかって飛ぶのだとしたら相当の胸筋、あるいは天使の羽のように背中に生えるのなら背筋が必要、かつ長く飛ぶつもりながらそれだけのエネルギーも必要なわけで、ワタクシの場合ははなから無理そうなので翼、いらないです…。おぺらお~回答は「もしも翼があったら、飛んでいるうちに力尽きて墜落するでしょう」です。(応用編で「もしも鳥だったら」というのもありますが、こちらも同様「飛んでいるうちに力尽き、地面でへたっているところをねこに食べられるでしょう」です。ですから私は「もしも鳥だったら」で英文を書け、というときには「私は美しい声を持つかごのなかの鳥で、飼い主とその取り巻きをさえずりで幸せな気持ちにできましょう!」と答えるようにしていました。そのころから鳥の魅力を飛翔能力ではなく歌声に見出していたようです)


閑話休題、前回のエントリーで告知しておりましたTenNenffertの通販,、先ほど開始しました!

TenNenffert Booth

ひとまずBoothでの取り扱いにさせてくださいませ。そして発行した本2冊から始めさせてくださいませ。
後々、羊毛やレジン系も追加できればと思っております。

今回は思い入れのあるふたごの村と風バザのお話になりました。
ふたごの村は、学生の頃DS買えなかった&買ってもらえなかったワタクシが
大学に行ってお小遣いはたいてやっと手に入れたDSとDSソフトだったのですよ!
(そのあとまたお小遣いためて数年後には3DSも買うことが出来ました…)
それ以前はGBAを持っていたので、ふた村が事実上
牧物再開(再会)の作品になったのです(据え置き系は自分用テレビがないので断念)

あのときちょうどポケモンのブラックとホワイトが出たときで
サークルの友人から一緒にポケモンやろう、と誘われ…
とうとう思い切ってDSを買ったのであります。
このブログの初めのころの記事をみると当時のことが書いてあるかもしれません。
私はちなみにブラックをやって(確か)白いドラゴンにフッフールと名前をつけた記憶があります…。

そして風バザは(DS入手が遅かったためソフト購入もふた村プレイ以降になったのですが)、大学院の試験が受かったら買おう!アギくん、待ってろ!な勢いで買った、いわゆる自分へのご褒美です。

そんなわけで風バザとふた村には特別な思い入れがあります。


どうも3DS以降、創作の手が止まってしまっているのでネタが思いついたら、しっかりと握りしめて、わさびをはさんで提供しようと…違う?違うかぁ…。

ネタが浮かび次第、書けて行けたらと思います。

オンリーイベントで断念した「みつ里の猫好きたちが猫について話す」話、挑戦したい!


それではこのあたりで…
気の向くままに
デーデーポポー デーデーポポー
デーデデッポゥポゥ デーデデッポゥポゥ デー

2018/06/25(月) | イベント関連 | トラックバック(0) | コメント(0)

今後の展望

こんばんは、おはようございます、こんにちは!
ご来店ありがとうございますを
ご来場ありがとうございますと
いいまつがって
小声でゼルブストつっこみ入れた
おぺらお~さんです、
本日も平常運行です。

売り場に来てくれたのだから「来場」でもよかろう!
いいまつがいの回収は常に水に枕で石に漱ぎです。

というわけで、
カブひとつからはじめる牧場経営、
お疲れさまでした!
スペースに足をお運びくださった皆さま、
作品を手に取ってくださった皆さま、
差し入れやお手紙くださった皆さま、
たくさんたくさん感謝感謝です…!

そしてお邪魔させていただいたサークルの皆さま、
おしゃべりしてくださった皆さまにも
感謝申し上げます!

イベントの後なかなか時間がとれず
まだ落ち着いて戦利品を読めていないのですが
週明けにはまるっと一日あくので
そこまでお楽しみにがんばります!

そしてTenNenffertで頒布した小説2冊、
Boothにて通販開始予定です。
こちらも日曜日にお店を開けようと思います。

これでひとまずワタクシの上半期のイベントは終了いたしました。
上半期といっても5月の半ばになぜか脳内ソングが絶賛《こうもり》の
序曲になり、自分の中では年明けた感満載となりましたが…

ワタクシの1年は4月23日
岡田徹のお誕生日で終わるので
なんくるないさ!!


しかしながら…

9月末のベルリンのトリスタン、
先月ザイフェルト本人にほぼ行きます!宣言をしてしまった手前…
まだ2018年終わってもらっては困る事態になりました(苦笑)
(いやだって本人から「またドイツ来てくれる?」なんて訊かれたら
ナインなんて言えんでよ…にくいよ、ザイフェルト…)


もとい!

下期の大きなイベントとして
TeyneyFeltさん主催の羊毛作品展に参加申請しております。
こちらの展示会は
12月4日~12月9日
渋谷ギャラリールデコにて開催です。
また近くなりましたら主催者側でも発表があるかと思いますが
ブース番号はNo.40です。
同人ではないので作家名は別名で申請していますが
また開催側で発表がありましたら
追ってお知らせいたします。

とりあえず馬や鳥は出展します。
そう、鳥…
年明けに騒いだ、ヘビクイワシさん!

確実に布教します!
蹴って蹴って蹴りまくるスタイルです!(違)

FCの某プロレスソフトの実況が流れましたところで…

本日はこのあたりで…
気の向くままに
けりけりに…

2018/06/22(金) | イベント関連 | トラックバック(0) | コメント(0)

6/17 お品書き

こんにちは、こんばんは、おはようございます!
朝からごひいき歌手の写真に向かって
Mangiamo un gelato!
「アイス食べよっか!」
なんて言わさせられるとは…
今日もイタリア語頑張っています
おぺらお~です!

現実的には彼に対してそんなこと絶対に言えないので
NHKにありがとうとお手紙を書いてあげたいほどです…。

トゥイッターでも一度お知らせしましたが、
先ほどなんとか入稿物は整ったので
6月17日のお品書き、こちらにもアップしようと思います。

なんとかイベント前夜にはならなかった…がんばった…
それだけは認めてくださっせぃ……

お品書き

あらすじ

スパコミからの変更点としてアギ創作のタイトルを『アギーレン』から収録内容のひとつ『トラウマライゼ』に変更しました。
(まともにアギーレンって単語あるんですがあまりに本のタイトルにはあっておらずで…・苦笑)

『トラウマライゼ』はもともとは『トラウムライゼ』(夢の旅)というタイトルで書き始めたのに、どこかで言いまつがってかえってツボってしまったパターンで『トラウマライゼ』が定着してしまったので、もとを忘れないよう副題に「あるいは夢の旅」とくっつけました。
但し書きにもあるとおり、タイトルは重たそうですが中身はけっこうコメディ仕立てです。ぜんぜんダークとか鬱とかではありませんのでご承知おきください!

全体的に大幅な加筆修正を加えましたが、それぞれの話の筋は変わっていないので、スパコミで買ったけど新しいのも欲しい!という方がいらっしゃいましたらお声がけください。

お馬さんのほうは…それぞれコピーにして別個で販売も検討中なのですが、いかんせんそれぞれの話のボリュームがまちまちなので一律にしてよいのか…まだどうなるかわかりません。

続きましては羊毛お野菜…

らーぱ

カブひとつからはじめる牧場経営!ということで

カブ!! 

のブローチです。縮めると「カブローチ」です、はいそこ、引かない!

襟につけるとなかなかインパクトがあります。
止め部分と本体を切り離しての販売も可能ですので
ディスプレイ専用ご希望の方はお申し付けください。

ポモドーロ

トマト06 ということで

トマト

です!手元の羊毛でちょうど6こできたので6こ限定です。
…があまりにあんまりなので
ひょっとしたら実演?販売するかもしれません。
ただ同じ羊毛がすぐには手に入らなかったため
当日補充分は色合いが変わるかと思います。

使い道ですが、飾って楽しむ以外にも…

とまとのつかいかた

ピンクッションやアロマをたらして香りを楽しむ…などなど。
羊毛には微量ですが脂分が含まれており錆防止になるので
ピンクッション、地味におすすめです!

どちらも400円です。ワンコインにできずごめんなさい…。
また背景に写っている猫そのほかや
荷車をひいている馬はギャラリーのため非売品です。
そもそもゲーム違うし…いやその…片付けるのが…おっくうで…


またこれらお野菜はすべて畑育ち…もとい手作りのため
大きさ、形がまちまちです。
スパコミの反省点をふまえ、
一定数平面に並べて販売いたしますので
お好きな大きさ、形をお選びください♪

お品書きは以上です。
明日は一日お仕事、そのまま夜行で東京に向かうため
ブログ更新はこれにて終了…
以降なにか追加があればトゥイッターでお知らせします。



それでは
気の向くままに
とまとまに…

2018/06/12(火) | 牧場物語 | トラックバック(0) | コメント(0)

とまとせーい♪

こんばんは、おはようございます、こんにちは!
あっというまに6月に突入して
月日の流れに全くついていけていない
おぺらお~です。

6月に入り、牧物オンリーのサークル配置が発表されましたね!
ワタクシのてんねんふぇるとは

トマト06

をいただきました。

とまとろくです、とまとしっくす、とまとぜっくす、とまとせーい♪

せーいといえば今年度に入り、
新年度に必ず決心し1か月坊主で終わる決心を
懲りずに今年度もしてしまい…
NHKのイタリア語講座聴き始めました。

懲りない。本当に自分でもよく懲りずに、
というのか諦めずに聴こうと思うわ…と
あきれを通り越して惚れてまいますです…。
ノッコノッコクモさんです。

いや…

地元の谷島屋さんでテキストを定期購読にしたら
Tポイントが倍になると勧められまして。
ワタクシの心なんざ呆気ないものです(苦笑)

そして…

結局毎日は聴けていませんがほそーくほそーく
続いておりますです。
よかったよかった…。

独伊ハーフのごひいさんの写真めがけて
毎日叫んでおります…とてもくすぐったい!
そして本人にはドイツ語で言ったことのある自己紹介を
写真に向かってイタリア語で…!こっぱずかしい!!

イタリア語とイタリア人、破壊力半端ないです。。

今日は6月第1回目。
ere動詞の活用からでした!

イタリア語の呪わしいところは
essereがere動詞じゃないってことです…。
最頻出動詞がややこしい形しているとか…おまいら!
おまけにこのessereがio(私)とloro(彼ら)で形が同じとか
ドイツ語脳で望むとハードルが上がってしまうので
脳内先住語はお立ち退きいただいて…。

今年度はこのbe動詞とかsein動詞にあたる
essereの活用を覚えるにあたって
io sono feliece! 幸せです!
という朝からぜひとも唱えたい
好都合フレーズを繰り出してくださったので
全人称幸せにして攻略…。
フェリーチェって発音がいいですよね。
いや全般的にイタリア語は響きがよいです。
発音してみるととても元気になれます。
また私は方言のくせなのか
自分のくせなのか
単語の第二節にアクセントを置きがちなもので
基本的に前つづりにアクセントのくる
ドイツ語ではさんざん注意されたのですが
イタリア語は本領発揮だ、いえーい!です。

ええ、そうです。

アングライフェンって馬がいますが
anはれっきとした分離前つづりなので
彼の名前の発音は
「ア」にアクセントです。
たいていの解説者と実況アナウンサーが
「ライ」にアクセントをおいて
angreifenを非分離動詞にしてしまっておられますが
正しくはングライフェン、
分離動詞です。

それにしても最近はドイツ語馬名増えましたね…
先日もトリオンフって馬が走っていましたし…。
クーゲルとかもいますよね。

どうして馬の話になった!!

イタリア語に話をもどしますと、
次なる壁はavere(持っている)
これは王道、Ho fame! ハラヘッタ!
があるわけですがこれ全人称やると
《ペレアスとメリザンド》の世界になりそうで
切ないので…

全員美声持ちにしてやろうかと画策中です。

6がせーいというところから
イタリア語の話になってしまいました…。

sei Sei といえば
スマートフォンアプリで
Sei というイケメン目覚ましロボを育てる?
ゲームがあるみたいですね。
(目覚ましアプリ探していたら出てきた)
イタリア語ではseiはセイと発音するので違和感なしですが
私にとってseiはSeiffertの名前の一部なので
ものすごいギャップを感じてしまいました。
そしてイケメンとはなんぞやという社会勉強で
ダウンロードしたものの、一日もしないうちに
削除してもうたです。

わからぬものはわからぬ、という…。

イタリア語へは理解を深めようと歩み寄る
おぺらお~さんですが
イケメンには依然見えない壁にぶち当たっております。
(イケメンといえば牧物め、2シリーズ連続でレストランのシェフにワタクシが一番苦手で一番嫌いな面のイケキャラ持って来てくだすり、立ち絵消せる機能ないのか探しまくってしまいましたですよ…閲覧注意)

牧物オンリーに話を戻しますと!
(いい加減脱線癖治せ)

いまのところカブもてさんで頒布しましたアギのお話と、『馬楽』は再版決定です。
アギのほうは緊急会議を開きまして、
量も多いので文庫本サイズにしてしまおうということに。
文庫本サイズにしてページ設定をお気に入りの新潮文庫に合わせたら
大分ページ数おさえられたので、文庫にしては貧相な厚さで
あけると字がみっちり…の本になるはずです。
実のところ今年頭に上で書いたごひいき歌手のバッカスを聴きに行ったのですが
それにあわせて『アギアドネの糸』、改訂しようと思っていたものの。
クリスマスカードと年賀状で忙しすぎて思う気持ちだけ残って
実行に移せなかったので…遅ればせながらリベンジ。
『アギアドネの糸』もサイトのものから
致命的なミスはもちろん、細かいところも多かれ少なかれ
書き換えております。
(書き換えと言えばサイトの文、ピクシブに持っていこうと
とりあえずキリサトひとつ動かしてピクシブ内で加筆修正しようとしたら
カーソルが勝手に動いて直しにくいのなんの…。
で、またしても作業が止まっております…もう少し小説組に優しくなってくれ、ピクシブ…)

お馬さんの方はそれぞれのお話をコピー本で売ろうか検討中です。
どのみちまとめたほうはちゃんとくるんで製本します…。


あとは羊毛が…どこまで作れるか以前未知数。
そしてもう2冊新刊(コピー)出せたらと思っています。
詳しいことはまたのちほど!

こののちほどがイベント当日前夜にならぬよう気をつけます…。


それでは
気の向くままに
えっせれに。

2018/06/04(月) | イベント関連 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »